傷害総合保障共済

中小企業のみなさまの思いがけないけがや病気をしっかり保障。しっかり傷害ガード:24時間健康相談+専門医の手配・紹介サービス付

この制度の特色

  1. 思いがけない傷害事故や疾病・介護が必要な時の経済的負担をしっかり保障します。
  2. 営利を目的としない共済制度ですので、お手頃な掛金を実現、しかも経費処理が可能です。
  3. 健康支援のための「ハロー健康クラブのサービスが無料でご利用いただけますので、
    福利厚生にお役立てください。

傷害共済金(死亡・後遺障害・入院・手術・通院)急激かつ偶然な外来の事故によりけがされた時に共済金をお支払します。

  • 自動車にはねられて
    けがをした
  • 出張中にけがをした
     

  • 仕事中にけがをした
     

  • 料理中にけがをした
     

  • 自転車で転倒し、
    けがをした

  • 飛行機事故で死亡した

  • スキーで転倒し、
    骨折した

  • ゴルフ場でプレー中に
    けがをした
疾病共済金(死亡・入院)[※A・Bタイプのみ]

  • 心臓病で死亡した

  • 脳こうそくで入院した
傷害介護共済金

  • 衣類の着脱の要介護

  • ベッドでの要介護
共済金をお支払できない場合
  • 共済契約者、共済金受取人(共済金受取人が法人であるときは、その理事、取締役または法人の業務を執行するその他の機関)または被共済者の故意による身体障害。
  • 被共済者のアルコール依存および薬物依存による身体障害。
  • 被共済者の自殺行為(ただし、A・Bタイプは共済期間開始の日から1年経過後の死亡の場合は、疾病による死亡共済金相当額をお支払します)。
  • 被共済者の犯罪行為または闘争行為による身体障害。

疾病による死亡および入院の場合

  • 死亡・入院の原因となった発病の時が、共済期間開始の日より前であるとき。

傷害による死亡、後遺障害、介護、入院、手術および通院の場合

  • 共済期間開始の日より前に生じた事故によって被った傷害。
  • 被共済者が、法令に定められた運転資格(運転する地における法令によるものをいいます。)を持たないで、または、運転資格の停止期間中に自動車もしくは原動機付自転車(以下「自動車等」といいます。)を運転している間、酒に酔った状態(アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態をいいます。)で自動車等を運転している間、または麻薬、大麻、あへん、覚せい剤、シンナー等の影響により正常な運転ができないおそれがある状態で自動車等を運転している間に生じた事故。
  • 被共済者の脳疾患、疾病または心神喪失。
  • 地震もしくは噴火またはこれらによる津波。
  • 戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変もしくは暴動(群衆または多数の者の集団の行動によって、全国または一部の地区において著しく平穏が害され、治安維持上重大な事態と認められる状態をいいます。)による傷害。
  • 原因のいかんを問わず、被共済者が頸部症候群(いわゆる「むちうち症」)、腰痛その他の症状を訴えている場合であっても、それを裏付けるに足りる医学的他覚所見のないもの。

共済金の種類・保障内容および補償額

共済金の種類と保障内容
傷害死亡共済金保障額
傷害により、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に死亡したとき。
傷害後遺障害共済金保障額
傷害により、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に約款に定める身体障害の状態(後遺障害)となったとき。
傷害入院共済金保障額
傷害により、事故の発生の日からその日を含めて90日以内に医師の治療を受け入院したとき。ただし、給付する期間は、同一事故について、事故の発生の日からその日を含めて1年間以内で入院日数180日が限度。
傷害手術共済金保障額
約款に定める所定の手術を傷害入院期間内に受けたとき。
傷害通院共済金保障額
傷害により、事故の発生の日から90日以内に医師の治療を受け実日数7日以上の通院(往診を含む)をしたとき、通院実日数の1日目から給付。ただし、給付する期間は、同一事故について、事故の発生の日からその日を含めて1年間以内で通院実日数90日が限度。
疾病死亡共済金保障額
疾病により死亡したとき。
疾病入院共済金保障額
疾病により、医師の入院治療を受けたとき。ただし、継続して30日以上入院したとき。
傷害介護共済金保障額
傷害により、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に約款に定める身体障害の状態(後遺障害)となり、かつ約款に定める寝たきりにより介護が必要な状態(後遺障害による要介護状態)となったとき。
共済金の種類と保障額
共済金の種類
傷害
保障額
Aタイプ Bタイプ Cタイプ Dタイプ
満6歳以上
満65歳未満
満65歳以上
満75歳未満
満6歳以上
満65歳未満
満65歳以上
満75歳未満
満70歳以上
満85歳未満
満85歳以上
満90歳未満
満70歳以上
満85歳未満
満85歳以上
満90歳未満
傷害死亡
共済金
1,000万円 800万円 500万円 400万円 700万円 250万円 350万円 125万円
傷害後遺障害
共済金
10万円~
1,000万円
8万円~
800万円
5万円~
500万円
4万円~
400万円
7万円~
700万円
25,000円
〜250万円
35,000円
~350万円
12,500円
~125万円
傷害入院
共済金
1日につき
8,000円
1日につき
4,000円
1日につき
5,000円
1日につき
2,000円
1日につき
2,500円
1日につき
1,000円
傷害手術
共済金
約款に定める支払額
(手術の種類に応じて5万円、10万円または20万円のいずれか)
約款に定める支払額
(手術の種類に応じて25,000円、5万円または10万円のいずれか)
約款に定める支払額
(手術の種類に応じて5万円、10万円または20万円のいずれか)
約款に定める支払額
(手術の種類に応じて25,000円、5万円または10万円のいずれか)
傷害通院
共済金
1日につき
3,000円
1日につき
1,500円
1日につき1,500円 1日につき750円
共済金の種類
疾病
保障額
Aタイプ Bタイプ Cタイプ Dタイプ
満6歳以上
満65歳未満
満65歳以上
満75歳未満
満6歳以上
満65歳未満
満65歳以上
満75歳未満
満70歳以上
満85歳未満
満85歳以上
満90歳未満
満70歳以上
満85歳未満
満85歳以上
満90歳未満
疾病死亡共済金 30万円 10万円 15万円 5万円
疾病入院共済金 10万円 3万円 5万円 15,000円
共済金の種類
傷害
保障額
Aタイプ Bタイプ Cタイプ Dタイプ
満6歳以上
満65歳未満
満65歳以上
満75歳未満
満6歳以上
満65歳未満
満65歳以上
満75歳未満
満70歳以上
満85歳未満
満85歳以上
満90歳未満
満70歳以上
満85歳未満
満85歳以上
満90歳未満
傷害介護共済金 50万円 25万円 50万円 20万円 25万円 10万円
  • ※新規加入年齢はAタイプ・Bタイプは満6歳以上満70歳未満、Cタイプ・Dタイプは満70歳以上満85歳未満です。
  • ※Cタイプ・Dタイプは、疾病による死亡および入院に対する保障はございません。
  • ※Cタイプ・Dタイプの更新継続加入年齢である満85歳以上満90歳未満においては、傷害による通院に対する保障はございません。

共済掛金

  Aタイプ Cタイプ Bタイプ Dタイプ
月払 2,000円 1,000円
年払 24,000円 12,000円
口座振替について
振替日は27日とします。また27日が金融機関休業日の場合は翌営業日とします。
月払契約の場合
  • 初回口座振替が不能となった場合は、共済契約は無効となります。
  • 2回目以降の口座振替が不能となった場合は、振替日の属する月の翌月の振替日に、再度その月に払い込むべき共済掛金と合わせて2か月分の共済掛金の口座振替を行います。
  • 前記の規定による口座振替が不能となった場合は、共済契約は最初の払込みがなかった振替日の属する月の1日にさかのぼって効力を失うものとします。
年払契約の場合
口座振替が不能となった場合は、共済契約は無効となります。

ご加入(被共済者)の範囲

■ご加入者は健康で、正常に就業し、または日常生活を営む方
(1)A・Bタイプの場合 満6歳以上満75歳未満
(ただし満70歳以上の方は満70歳未満から更新継続された方に限ります。)
(2)C・Dタイプの場合 満70歳以上満90歳未満
(ただし満85歳以上の方は満85歳未満から更新継続された方に限ります。)
■被共済者につきましては、共済契約締結の際に、共済契約者から被共済者の署名または記名押印された所要事項記載の名簿を提出していただきます。
■ご加入は、1タイプのみとなります。

※傷害総合保障共済は、全国火災共済協同組合連合会との提携による共済制度です。